意外にも和食に使える。フレッシュな香りのオリーブオイルをつけダレに。 | Rotty & Table / ロッティーアンドターブル (イタリア食材とフランス食材店)

2021/08/05 16:33






■ オリーブオイルってイタリア料理しか使えないんじゃない?


皆さん、オリーブオイルってイタリア料理のイメージが強いですよね。

確かに近年はスペイン産、日本産もスーパーで見かけますけど

イタリアのオリーブオイルというと、ビザにかけたり、サラダにかけたり。

そんなイメージが強いかもしれません。

しかし、意外と和食にも合うのです。

今日はオリーブオイルと、日本の「あるもの」を合わせて使うレシピをご紹介です。



■ マリアージュの和食調味料はポン酢


ポン酢はカツオのたたきにかけたり、お鍋に使ったりしますけど

オリーブオイルとポン酢を1:1で混ぜたものを作ってみてください。

お好みで大葉、ショウガなど薬味も入れると、カツオのたたきにつけた時に魚っぽさが消えて

とても美味しいタレになります。


また、オリーブポン酢を米ナスの焼いたものにかけてもフレッシュでとても美味しいです。

和のテイストのポン酢が、洋のドレッシングになります。


■ 冷蔵庫に使いかけのポン酢はありませんか?


ポン酢を一本買ってもなかなか使いきれない、冷蔵庫に中途半端に残ってしまう。

そんな方にこのオリーブポン酢がおすすめ。

魚のカルパッチョはもちろんの事、

夏ならさっぱりと豚しゃぶサラダにしてオリーブポン酢をかけるだけで

野菜も美味しく召し上がれます。


■ フレッシュなオリーブの風味をお試しください


当店が15年間販売しているフレッシュなオリーブオイルは

そのまま飲めると言われるほどの風味豊かな味です。

少し辛みがあってハーブのような香りがするのも、和の調味料と相性が良い理由かもしれません。

お試しで購入されたお客様が、次に大きなサイズをまとめ買いされるほど。


毎日摂る油の質はとても大切です。良質の油で夏バテを乗り切りましょう。


商品ページはこちら。


美味しそう!と思ったらここをクリックいただけると嬉しいです