ちょっと贅沢なトマトケチャップはいかが? | Rotty & Table / ロッティーアンドターブル (イタリア食材とフランス食材店)

2021/08/16 07:49

こんにちは。ロッティ&ターブルの副店長です。店長がタプレスタイルで多忙なため、代役でブログ担当を務めさせていただきます。


今月から取り扱いを始めた「ボッティガ・バーチ(BottegaBaci)」はごらんになられたでしょうか?「ボッティガ・バーチ」はイタリアのオーガニックブランドで、取り扱う品物はどれも有機栽培の野菜やフルーツを使用しており、またお肉や卵、乳製品が苦手な方向けにベジタリアン仕様にするなど、それらを求めている方にとってはぴったりです。

当店の店長、副店長もそろそろ健康などを気にしなければならない年頃なこともあって、毎日の食事には気を遣うようになっていますが、同様に悩みをもたれる方も多いかと思い、あれこれと探していたところこの「ボッティガ・バーチ」の食材に巡りあうことができたため、このたび取り扱うこととなりました。

どの品物もよく考えられており、またお味についても満足いただける品質であると思っています。


今回はその中でもオーガニックのトマトケチャップを紹介しましょう。


こちらのトマトケチャップも例にもれず有機トマトと有機キビ糖、有機リンゴ酢などで作られています。その分どうしてもお値段は高めになってしまいますが、いちど試していただければ納得のお味であると自信を持っていえます。

「トマトケチャップなんぞ大手メーカー製の方が安いし、たいして味も変わらないんじゃないか?」と思われるかもしれません。トマトケチャップやソースなどは日常で大量に使われる消耗品ですからそう考えるのも無理もありません。

でもときどきとっておきの食材で作った、たとえば自然栽培の餌で大切に育てた鶏が産んだ卵で作ったオムレツを食べる際に、どうせならトマトケチャップもとっておきであってほしいと思いませんか?また、どなたか大事な知人を呼んで食事を振る舞う際に添えるトマトケチャップも、どうせならすこし高級な品物を使ってみませんか。

そんなときに活躍できるのがこの「ボッティガ・バーチのトマトケチャップ」でしょう。どなたもこのトマトケチャップを口にしたなら、その違いに驚かれると思います。

お味は全体的に甘みがあります。ちょうど当店で扱っているダッテリーニのトマト缶を煮詰めて作ったような濃厚な味と風味で、こちらを試した後に一般的なトマトケチャップの味を確認すると、濃厚さの違いを感じるだけでなく、すこし酸っぱ味と塩気を感じて、もう元に戻ることはできないかもしれません。

副店長はときどき自宅で燻煙鍋を使って燻製を作るのですが、燻製したソーセージなどと組み合わせるとびっくりするくらいおいしくてお酒が止まらなくなります。もちろんオムレツやポテトフライ、その他様々な食材でとっておきの時のためにふさわしいトマトケチャップではないかと思います。また普通に市販されているポテトフライやソーセージにつけても味のグレードが上がったかのように感じます。

と書いているうちにまた食べたくなってきたので、夕食にはオムレツを作ってこのトマトケチャップをぞんぶんに味わってみようと思います。良い食材を提供しているつもりですが、どれもおいしいため試食と称して店長が食べてしまい、どんどん在庫が減っていってしまいますので、お早めにお求めすることをお薦めします。

お盆が過ぎてこれから秋に向かって行きます。おいしい秋の味覚に添えるとぴったりですから、みなさんもぜひお試しください。

商品のご購入はこちらからどうぞ。

で、さっそく店長がランチにこのケチャップを使ったフライドチキンとフライドポテトのランチプレートを作っていました。


スマートフォンのカメラなので写りがいまひとつかもしれませんが、やはりとてもおいしい様子で完食していました。さっそく本日何名かのお客様が購入されていましたので、ほんとうに早くしないと無くなってしまうかもしれません。その場合はなるべく早めに発注をかけますが、待ちきれないようでしたらお早めの注文をお薦めします。