ダッテリーノトマト缶売り切れました | Rotty & Table / ロッティーアンドターブル (イタリア食材とフランス食材店)

2021/10/26 22:49

こんにちは。副店長です。


前回、ダッテリーノトマト缶の在庫が少ないと書きましたら、直後に注文が入ってあっという間に売り切れてしまいました。




再入荷については12月以降になりそうです。現在海上輸送コンテナが不足しており物流に滞りがでているらしく、
年内に入手できるのか少し不安だったりもします。

さすがに来年までトマト缶の在庫がまったく無いのも不都合があります。当店の主力商品でもあるパスタのトマトソースが入手できなくなるわけですから一大事です。

というわけで急遽代替となるトマト缶をいくつか物色している最中です。

これまでもいくつかの種類のトマト缶を調べてみたのですが、おなじダッテリーノ種のトマトから作られたトマト缶であっても味わいにはけっこうな差があって、なかなかGrangstoに匹敵するものがみつかりません。

ほとんど諦めていたのですが、当店の優秀なスタッフが見つけてきたトマト缶はダッテリーノ種ではないのですが、お値段もお手頃で、味もそこそこ良さそう。

さっそ糖度を測定してみます。

糖度9%とトマト缶にしては甘さがあります。

こちらがGrangstoのダッテリーノトマト缶。10%とやっぱり甘さが特徴のGrangstoですね。

味見したところ新しいトマト缶も意外と酸っぱ味が少なくてほのかな甘さが良い感じです。

そしてさっそくラタトゥイユを作ってみました。


同じ材料、同じ分量で、まず始めは調味料もつかわずにトマト缶の味だけでどうなるか試してみます。

味わい深さはやはりダッテリーノにかないませんが、感じる甘みは負けていません。
ダッテリーノの方がコクがあって味に深みがあります。やっぱり高いだけのことはありますね。

いっぽう新しいトマト缶はいかにも美味しいトマトでつくりましたといった感じ。さわやかな軽めの味わいで気軽に食べられて、これはこれで良いかもしれません。

ざっと味の方向性がわかったところでベジタブルキューブストックと砂糖を加えて完成させて、ラタトゥイユの食べ比べを愉しんでみました。

どちらにもベジタブルキューブストックを半分に砂糖を小さじ3杯ほど加えます。

結果はやはりダッテリーノは甘いです。砂糖は不要。でも新しいトマト缶で作ったラタトゥイユもなかなか健闘しています。これで値段が安ければけっこう人気の商品になりそう。

新しいトマト缶は明日問屋さんと打ち合わせしますので、うまく話がまとまれば早めに扱うことができるかもしれませんのでお楽しみに。

もちろんダッテリーノトマト缶もなるべく早く入手できるように努力します。